DXツール

ECのDXツール「Shopify」を試してみた(1)- Sesamiアプリによる「予約スロット確保ができるサービスECの実現」

はじめにサービスを受ける時間を予約する機能が簡単につくれるものを探していて、Shopify+Sesamiでできるという記事をいくつかみかけたので、ためしてみることにしました。Product側ではDurationというのでサービス時間の長さを設定し、SesamiのService側ではメンバーとProductを関連付けて担当者にし、担当者の有効なスケジュールを登録することで、スケジュールを押さえるという、手順でした。ShopifyとSesamiで簡単に実現できました!Sesamiの設定手順https://www.youtube.com/watch?v=zuF0OsK8OuwSesameアプリの追加:Shopifyアプリストアで「sesame」と検索します。「アプリを追加」ボタンをクリックします。アプリのインストール:次の画面で「Sesame」をインストールします。Shopifyテーマへの組み込み:新しいShopifyテーマ(OS 2.0)を使用している場合、「オンラインストア」→「テーマ」→「カスタマイズ」を選択します。左側の「アプリ埋め込み」アイコン

スタートアップ支援

スタートアップ本「スタートアップ・マニュアル ベンチャー創業から大企業の新事業立ち上げまで」

https://www.amazon.co.jp/dp/B00DIM673Q/スタートアップに「顧客や市場のリスク」を解決する手がかりを与えることを目的としているウェブ/モバイルビジネスの場合は、製品開発は時間をかければできるが、顧客や市場が存在するのかわからないのがリスク逆に、発明などが必要な「製品開発リスク」があるスタートアップには向かないまた、従来の新製品開発モデルは既存市場へ既存のビジネスモデルの投入にのみ有効で、スタートアップには使えないと強調している感想ウェブ/モバイルビジネスの場合は、ビジネスモデルの定義がいいのかどうかあれこれ悩むより、MVPを最初から数日で開発していけ、のような書き方をしてくれているので、それでいいんだなという勇気がもらえる本だと思う。その後に、ビジネスモデルを精緻に仮説検証していく。同じことをいろんな言い方で言うことで、やたら長い本になっており、わかりずらさがある。しかし、内容は良いので、飛ばし読みでも読む価値がある。顧客は自分が正しいと信じているので、簡単には考えを変えない。ビジネスプランは資金調達のためだけな

IR情報

第7期 (2022/12 – 2023/11)決算情報

貸借対照表科目金額(千円)  資産の部流動資産19,005固定資産6,896資産合計25,900負債及び純資産の部流動負債2,401固定負債3,398株主資本20,101資本金3,000利益剰余金17,101その他利益剰余金17,101(うち当期純利益)1,890負債・純資産合計25,900経営指標経営指標値流動性流動比率791.5%安全性固定比率34.3%自己資本比率77.6%

DXツール

会議のDXツール「VoicePing2.0」を試してみた(1) – YouTubeの投稿の文字起こし・同時通訳・要約

VoicePing2.0とは?VoicePingは最先端AIで自動要約とリアルタイム翻訳・文字起こしを行い、会議の生産性を高めます。仮想オフィス機能によるチームのエンゲージメントを高め、雑談や声かけの頻度を高め他拠点での共同作業や在宅リモートワークでのコミュニケーションを円滑にします。https://voice-ping.com/試した機能と手順PCでYoutubeの英語の投稿の再生を開始する使用したYouTube投稿「NEWS GANG | Doctors' Strike: Over, But…」https://youtu.be/ZZqrSNiayC0?si=gaDCBKxIMbWWd3WzVoicePingのスマホアプリで、英語を入力、日本語へ翻訳を選択し、文字起こしを開始するVoicePingのウェブアプリのダッシュボードの文字起こしログページから、文字起こしと翻訳の結果をダウンロードする結果VoicePing2.0の画面イメージ初期画面文字起こし、同時翻訳中ウェブのミーティングログ画面

スタートアップ支援

シリコンバレー流スタートアップの学習 – 「ビジネスモデルと価格」

以下のAaron Epstein氏によるスピーチのポイントをまとめます。https://www.youtube.com/watch?v=oWZbWzAyHAEビリオンドル企業のビジネスモデル:ビリオンドル企業となるためのビジネスモデルは9つあります。これらはSaaS(ソフトウェアアズアサービス)、トランザクションベースのモデル(取引から手数料を取る)、マーケットプレイス(売り手と買い手をつなぐ)、ハードテック、使用量ベースのモデル、エンタープライズ、広告、Eコマース、バイオ技術などです。これらのモデルはすでに確立されており、新たに車輪の再発明を試みるよりも、これらのモデルを模倣することが推奨されます。トップ100 YC企業からの教訓:Y Combinatorのトップ100企業リストを分析することで、どのビジネスモデルが成功しているかを把握することができます。このリストから、SaaS企業が31%、トランザクションベースの企業が22%、マーケットプレイスが14%を占めています。これら3つのモデルだけで全体の67%を占めており、特にマーケットプレイスは非常に強力な勝者を

スタートアップ支援

スタートアップ本「起業の科学 スタートアップサイエンス」

https://www.amazon.co.jp/dp/4822259757著者の方のスライド集「スタートアップサイエンス2017」がこの本のベースになっているスタートアップのありがちな失敗を潰して、成功の確率をあげることが目的感想そのやり方は間違いとはっきり言っているのがいい、やりがちな間違いで耳が痛いリーンスタートアップを推奨している破壊的イノベーションをおこすために書いているスタートアップの10のフレームワークは参考にしたいキーワードアイデアの検証Customer Problem Fitハイプ・サイクルKPCBリポートTotal Addressable MarketリーンキャンバスペルソナエンパシーマップカスタマージャーニージャベリンボードKJ法UXブループリントProduct Market FitMVP

スタートアップ支援

シリコンバレー流スタートアップの学習 – 「最初の顧客の獲得の仕方」

以下のYコンビネーターのグループパートナーのグスタフ氏のスピーチのポイントを箇条書きにします。https://www.youtube.com/watch?v=hyYCn_kAngI&list=PLQ-uHSnFig5M9fW16o2l35jrfdsxGknNB&index=7「スケールしないことを行う」マインドセットが非常に重要:初期スタートアップにおいて「スケールしないことを行う」というのは、顧客と密接に連携しながら製品を開発し、手動で顧客を獲得していくプロセスを意味します。ポール・グラハムによる「スケールしないことをする」というエッセイが、この考え方を最もよく説明しています。特にAirbnbの初期の事例が引用されています。スピーチの中で、スタートアップが自動的に成功するわけではなく、創業者が積極的に関与して顧客を獲得し、製品を改善していくことが成功に不可欠であると強調されています。また、広告を使うだけでは不十分で、創業者が直接販売を行うことの重要性が語られています。成功するスタートアップは、市場のニーズに応じて迅速に製品を改善し続けることが求め

スタートアップ支援

シリコンバレー流スタートアップの学習 – 「スタートアップアイデアの獲得と評価の仕方」

以下のジェアード フリードマン氏のスピートのポイントを箇条書きにまとめました。https://www.youtube.com/watch?v=Th8JoIan4dgアイデアの見つけ方スタートアップアイデアの概念的な評価方法(YCのアプローチ):Y Combinator(YC)のアプローチでは、アイデアが最終的に成功するかどうかを予見することは困難ですが、特定の種類のアイデアは他よりも成功しやすいとされています。これは、アイデアの質だけでなく、それを実行する能力にも依存します。講演者は、成功するアイデアを見つけるために、YCトップ100企業のアイデア発見過程を分析することから始めました。これには、彼らがどのようにしてアイデアを思いついたかに関する「硬い定量的データ」が含まれます。成功するスタートアップアイデアを考える際の重要なポイントとしては、実行可能性、市場ニーズの明確さ、競争優位性が挙げられます。これらはすべて、スタートアップが成功する確率を高める要因です。良いアイデアと悪いアイデアの見分け方:良いアイデア: 本物のユーザーニーズに基づいています

スタートアップ支援

シリコンバレー流スタートアップの学習 – 「ローンチの仕方」

以下のカット・マニャレック氏のスピーチのポイントを箇条書きにまとめました。カット・マニャレック氏は、Yコンビネーターのアウトリーチ部門の責任者であり、約9年間の勤務で3,500社以上の企業がプログラムを経てローンチするのを見てきました。彼女のチームの主な役割の一つは、企業が初めてのローンチを支援することです。https://www.youtube.com/watch?v=u36A-YTxiOwローンチの考え方を変えるローンチに対する新しい考え方:マニャレック氏は、多くの創業者が最初のローンチを過度に深刻に考えすぎると指摘しています。彼女は、一度のローンチで完璧なメッセージングを達成しようとするプレッシャーを感じることが多いと述べ、この考え方を変えることを提案しています。継続的なローンチの重要性:ローンチは一回限りのイベントではなく、継続的なプロセスとして捉えるべきだとマニャレック氏は説明しています。彼女は、製品の最初のバージョンが誰にも気にされなかった場合でも、企業は諦めずに反復し、再ローンチを行うべきだと強調しています。Airbnbがユー

スタートアップ支援

シリコンバレー流スタートアップの学習 – 「あなたはスタートアップを始めるべきか?」

以下のTaggar氏のスピーチの主要ポイントを以下に箇条書きでまとめました。https://www.youtube.com/watch?v=BUE-icVYRFU&list=PLQ-uHSnFig5M9fW16o2l35jrfdsxGknNB対象者の特定と支援: Taggar氏のスピーチは、現在スタートアップを始める準備ができていないが将来的に興味がある人々を対象にしています。彼の目的は、これらの聴衆に対して、スタートアップの道を探求する際の心構えや準備に関する具体的なアドバイスとモチベーションを提供することです。彼は聴衆に対し、起業家としての適性や準備に必要なスキル、さらには起業するための心理的準備についての洞察を共有しています。創業者としての適性と多様性: 成功する創業者は多様なバックグラウンドから来ており、カリスマや特定のスキルだけが成功を決定づけるわけではありません。Taggar氏は、異なる強みがそれぞれの環境やチャレンジに応じてスタートアップを豊かにし、成功に導く可能性があると強調しています。彼は、伝統的な「成功モデル」にとらわれず、個々の強みを